訪問看護ステーション

 私たち訪問看護ステーションは、訪問エリアを益田市内とし、月に500件前後の訪問看護を行っています。訪問看護って??聞きなれない言葉かもしれません。病気や障害を持った方が安心して自宅で暮らせるように、看護師が自宅を訪問し、病院と同じようなケアを行うことを仕事としています。現在訪問看護の利用者様は120名程度。脳梗塞後遺症、認知症、難病、悪性腫瘍等々様々な病気や障害を持つ方が自宅で安心して暮らせるように支援を行っています。24時間体制もとっており、休日・夜間でも、病状の変化等で要請があれば訪問をしています。また、自宅での看取りも積極的に行っています。
 また、平成27年度には訪問看護認定看護師が誕生し、地域包括ケア構築に向けて、スタッフ一丸となって頑張っています。
 現在のスタッフは看護師16名(常勤5名、非常勤11名)理学療法士2名、作業療法士1名、言語聴覚士2名(リハビリスタッフは兼務)、総勢21名です。平均年齢は、少々高めですが、人生経験、臨床経験ともに豊富で、笑顔を絶やすことなく、日々頑張っています!!

訪問看護認定看護師紹介

H27.10 訪問看護 こんにちは。訪問看護認定看護師の齋藤貴美子です。
 私は、益田市医師会訪問看護ステーションに所属し、益田市内を訪問エリアとして、日々訪問をしています。
 訪問看護は、病気や障がいがあっても、自宅で最期まで暮らせるように看護師が自宅を訪問し、多職種と協働しながら療養生活を支援します。
「この状況で家に帰れるのかな?」「退院後の体調が心配」「自宅での看取りはできるのかしら?」「日中は一人になるけど大丈夫?」「体調の変化が心配」など、退院する時、自宅で過ごしている時の本人や家族の不安や心配の声をよく聞きます。
 私の役割は、病気や障がいを持っても自宅での生活が安心して過ごせるよう退院時から在宅療養、看取りに至るまで、療養者様や家族様をサポートしていくことです。そして、「安心して家に帰られる」「ほっとできる我が家で過ごせる」人が少しでも増え、「家に帰りたい」という希望を叶えていくことです。
 これからも「一期一会」を大切に、その人に沿い続けることができるよう訪問看護認定看護師として訪問を続けていきたいと思います。
 いつでも遠慮なく声をかけてください!!