院内教育の目的

  1. 医師会病院に課せられた使命を認識し、組織の発展に寄与する。
  2. 看護専門職として資質の向上を図り、質の高い看護ケアを提供する。
  3. 変化する社会情勢や多様なクライエントのニーズに答えるために必要な看護実践能力を育成する。

院内教育の目標

  1. 生命の尊厳に基づく倫理観を備え、クライエントの権利を尊重することができる。
  2. 個別と尊重したケアが提供できる。
  3. クライエントやその家族について理解し、対象者が自立できるような援助ができる。
  4. 自己の看護実践を客観的に評価でき、専門職業人として成長できる。
  5. 臨床看護研究の意義と必要性がわかり、自ら進んで研究に取り組める。
  6. 良い人間関係を保ち、医師会病院の職員として自覚を持ち、組織の一員として役割が果たせる。
  7. 自ら幅広く多様な情報を収集し、創造性を発揮し自己啓発に努める。

※『クライエント』とは、医療を受ける人のことを言います。