卒後4~5年目以上

到達目標 教育内容
あらゆる場面でのリーダーシップ能力を高める。
  • 後輩の看護研究の指導・援助ができる。
  • 臨床指導のあり方を知り指導者の一員である自覚をもつことができる。
  • 看護場面における効果的な指導の関わりについて考える。
  • 後輩への個別指導ができる。
  • プリセプターと新人の関係について支援する。
  • プリセプターシッププログラムを評価する。
  • チームリーダーとしての適切な伝達・報告ができる。
  • 各自が常に問題意識を持ち、研究検討し看護実践に役立てる。
  • 患者様及び家族への状況に応じた看護活動を通じ、自己の看護を振り返り、看護観を深めることができる。
リーダーシップ
リーダー研修
院内学習発表会 1回/2ヶ月
各種研修会・学会への参加
ファーストレベル研修
看護管理について理解する。
  • 上司の補佐ができ、スタッフとの調整ができる。
  • 看護管理の基礎的な知識を身につける。
  • 看護管理の視点に立って現状を把握し、問題形成、問題解決について考える。
院外研修(看護協会)
高齢者の適応される保健福祉の実態を知り、看護・介護についての連携を学ぶ。
  • 施設における看護職としての役割と健康への援助・指導ができる。
老健・療養病棟勤務経験